眠れないのは運動不足が原因?眠気を促す運動の効果を紹介!

不眠解消
Low section of young woman running in the park

「最近眠れない日が続いている…」「寝付くのに何時間もかかって困っている…」

眠れない状態が続くと疲れも取れませんし、何より「明日も眠れないんじゃないか?」と不安にもなりますよね。

もしあなたが、そのような不眠に関するお悩みを抱えているのなら、この記事でご紹介する一つの解決方法が役に立つかもしれません。

その方法とは、「適度な運動をする」ということです。

眠れないのは運動不足が原因?

そもそも睡眠には脳と身体を休めて、日中の疲労を回復させる役割があります。

しかし、コロナの影響で外出の機会が減り、テレワークで一日PCの前で仕事をしたり、スマホやゲームに費やす時間が増えたりと、

今の社会は、外に出て身体を動かす機会が減っている傾向にあります。

そのため、脳は疲れていても、身体の方はあまり疲れておらず、ベッドに横になっても寝付くことができないのです。

脳は休養を必要としていても、身体の方が休養に入るほど疲れていないため、入眠を拒否するからです。

このような不眠の状態を解消するには、身体を適度に疲労させることが大切です。

毎日運動することを習慣づけて、適度に身体を疲れさせることで、すんなりと入眠できる身体に整えましょう。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

アメリカ・コロラド州の学術病院ナショナル・ジューイッシュ・ヘルスのメルツァー氏は、

「運動習慣がある人には、不眠の人が少ないことがわかった」と結論づけています。

今日から習慣化できる!入眠を促す30分の運動

Muscular sportive women at the gym

良い眠りを促すためには、運動する時間帯に注意することが大切です。 実は入眠時には体温の低下が重要です。

就寝の3時間ほど前に軽めの運動をして体温を上げておきましょう。そうすることで、その後体温が下がり、入眠しやすくなります。

まずは、夕方から夜の習慣としてウォーキングやジョギングなどを30分取り入れてみるのが良いでしょう。

時間がない方は、軽めのスクワットでも良いです。額に軽く汗をかくくらいに体を動かしてみましょう。

運動を続けて習慣にすることで、眠りやすい体をつくり、すっきりとした目覚めを手に入れることができます。

睡眠直前の運動は、交感神経が優位となり体も興奮状態になってしまうため睡眠を妨げてしまいます。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

就寝直前には激しい運動をしないようにしましょう。心拍数を上げて息が上がるほどの運動は、交感神経が優位となり体も興奮状態が続くため、睡眠を妨げてしまいます。

寝付きを良くする快眠サプリもオススメです。

今回は運動の不眠解消効果についてご紹介してきましたが、実は他にも不眠を解消する方法があります。

それは、サプリを摂取するという方法です。私は以前、不眠に3年以上も悩まされたという過去があります。

ですが、たまたま友人の紹介でマインドガードDXという睡眠サプリに出会い、継続して飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXは、睡眠を促進する栄養素を摂取することで身体を眠れる状態に整えることができるという利点があります。

眠れない状態が続いているという方、そして一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方は、ぜひこちらのボタンからチェックをしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました