眠れない時は玉ねぎが救世主に?玉ねぎの匂いが不眠を撃退する理由

不眠解消

眠れない日が続いている…

眠れない状態が続くと疲れも取れませんし、何より「明日も眠れないんじゃないか?」と不安にもなりますよね。

もしあなたが、そのような不眠に関するお悩みを抱えているのなら、この記事でご紹介する解決方法が役に立つかもしれません。

それは、「寝床に玉ねぎを置いておく」というかなりシンプルな方法です。

玉ねぎの匂いの安眠効果とは

意外に思われるかもしれませんが、実は古来より玉ねぎは、安眠薬として使われてきました。

それは玉ねぎの、包丁で切るときに目が痛くなる成分「硫化アリル」が、心身の緊張をほぐす鎮静効果があるからです。

近年の研究では、鼻から「硫化アリル」が入ることで、脳をリラックスさせ、自律神経の興奮を鎮める作用があることが認められています。

なので、このリラックス効果により、自然に深い眠りへと入ることができるのです。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

嗅覚は大脳皮質を直接刺激する唯一の感覚だと言われています。なので、玉ねぎの匂いは、脳へより高いリラックス効果を与えることができます。

また、「硫化アリル」には血行促進効果があり、体を温める働きもあるため、相乗効果によって安眠・快眠効果が期待できると言われています。

眠る際は、刻んだ少量の玉ねぎを皿に入れ、枕元に置いておきましょう。私も、不眠に悩まされていた頃は、みじん切りにした玉ねぎを寝床に持っていきました。

Onion slice closeup isolated on white

最初は少し抵抗があるかもしれませんが、とてもリラックスして眠ることができます。今でもストレスを抱えて、どうしても落ち着かない時は、玉ねぎの力をかりています。

玉ねぎの量は匂うか匂わない程度にするのが重要です。多すぎると逆効果になることもあるので注意しましょう。

毎日良い眠りにつけるよう、ぜひあなたも試してみてくださいね。

この記事のまとめ

今回は「玉ねぎ」の不眠解消効果についてご紹介していきました。最近眠れていないな…という悩みがある方は、今日からチャレンジしてみてください。

ですが、玉ねぎを寝床に置いても、あまり睡眠の状況がよくならないな…という場合はそれ以外の対策もおこなうのが理想的です。

あくまでもこれは、スムーズな入眠をするのに役立つ一つの方法に過ぎません。

他にも食事に気を使う、睡眠を助けるサプリを摂取するなど、身体の内部からのケアを意識すると効果が実感しやすくなります。

私がオススメするのは、睡眠を助けるサプリを摂取するという方法です。

実は、私は3年ほど不眠に悩んだ過去があります。毎日の仕事が激務な状態で、寝る時になっても仕事のことで頭がいっぱい…

「明日はあれをやらないと…」「納期に間に合うかな…不安だ…」そんなことを毎日布団の中でも考えて続けていると、いつの間にか全く眠れない状態になっていたんですね。

そのような状態の時にたまたま友人に紹介されたのがきっかけで、マインドガードDXというサプリに出会いました。

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、なんと毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができています。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

もし一刻も早く眠れない状態を解消したいという場合はぜひチェックしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました