睡眠の質を向上させる音楽!リラックス効果のある音楽で快眠を促進

睡眠の質を高める

最近、このような睡眠に関するお悩みを抱えていませんか?

「睡眠の質が悪いせいか、どうも疲労感が抜けない…」
「最近しっかり寝れていないせいか、日中眠い…」

以前の私はこの状態でした。

ストレスや仕事の悩みが原因で、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりして、前日の疲労が抜けず、身体がだるい状態がつづいていたんですね。

このように疲労が抜けないまま職場に向かうとなるとその日の朝はとても憂鬱ですし、何より集中力が持続せず、仕事に支障をきたしてしまいますよね…

そんな時に役に立つのが、音楽を聴いて睡眠の質を高めるという方法です。

 

なぜ音楽が効果的なのか?

睡眠の質を高めるには脳をリラックスさせる音楽が効果的です。

脳がリラックスした状態になると、「α波」という脳波が見られます。睡眠に効果的な心地よい音楽には、脳をα波に導く効果があることが証明されています。

特に川のせせらぎ、波の音などの自然音を取り入れた音楽は、α波が出やすい音楽として代表的ですね。

・鳥の鳴き声
・風で木々の葉が揺れる音
・波の音

などは、体をリラックスさせて心地よさを感じさせるα波の出現につながるといわれています。これにより、睡眠の質を高めることができるのです。

ただ注意点としては、気分を高揚させるテンポが激しい音楽は、返って脳を活発化させてしまいます。

こうした音楽を聴きながら眠ると逆に寝つきが悪くなり、睡眠の質を低下させてしまう要因にもなります。

また、眠りを妨げる他の音楽には「歌詞付き」のものもあります。音楽に歌詞が付くと、心地良い音楽だとしても言語として捉え、聴きながら脳が思考しはじめるので、脳を起こしてしまうことになります。

気持ちよく眠るためには、歌詞の付いていないインストルメンタルの音楽を選曲しましょう。

 

音楽が身体をリラックスさせる科学的な根拠

音楽が身体をリラックスさせる科学的な根拠としては、英国のブライトンサセックス医科大学(BSMS)による研究があります。

研究チームは、21〜34歳の男女17人に、自然環境および人工環境で録音された音源を聞いてもらう実験を行いました。

そのあと参加者の脳の活動をMRIスキャナーで測定し、自律神経系の活動を心拍数でモニターした結果、「自然な音」は、心と身体に物理的に働きかけ、自律神経系を安静モードにし、リラックスさせる効果があることが、最新の研究で明らかになりました。

このようにして、自然の音がリラクゼーションを促進することが、科学的に確かめられたのです。このリラックス状態で布団に入ることで、より深く質の高い眠りにつくことができます。

 

最近話題の睡眠の質を高めるサプリもオススメです。

いかがでしたか?

今回は音楽がもたらす睡眠の質の向上効果についてお話してきましたが、最後にもう一つ睡眠の質を高める方法をあなたに紹介させてください。

それは、睡眠の質を高めるサプリを摂取するという方法です。実は、私は3年ほど不眠に悩んだ過去があります。毎日の仕事が激務な状態で、寝る時になっても、

「仕事のことで頭がいっぱい…」「明日はあれをやらないと…」「納期に間に合うかな…不安だ…」

そんなことを毎日布団の中でも考えて続けていると、いつの間にか全く眠れない状態になっていたんですね。

そのような状態の時にたまたま友人に紹介されたのがきっかけで、マインドガードDXというサプリに出会いました。

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、なんと毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができています。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、睡眠の質に不満を感じている方はぜひお試してみると良いでしょう。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました