睡眠の質は瞑想で高まる?今日からできるマインドフルネスで快眠!

睡眠の質を高める

「寝たはずなのに寝た感じがしない…」「疲労感が抜けず身体がだるい…」
最近こんな悩みはありませんか?

以前の私もそうでした。朝起きた時は「なんだか身体が重いな、疲れが取れてないな」と思うことがしょっちゅう。寝てもどういうわけか前日の疲れが取れた感じが全くしなかったんです。

疲労が抜けないまま仕事に向かうとなるとその日の朝はとても憂鬱ですし、何より日中の仕事に集中できず支障をきたしてしまいますよね。

疲労が抜けない要因としては、日々のストレスなどが蓄積し、自律神経のバランスを崩していることにあります。その結果、眠ろうと思っても交感神経が働き、睡眠の質を下げてしまい、寝ても寝ても疲労感が残り、身体が怠くなったりするのです。

そこで、今回は睡眠の質を上げるために、効果的な瞑想(マインドフルネス)についてご紹介したいと思います。

「最近、睡眠の質が落ちているかも…」と感じるときにぜひ参考にしてくださいね。

 

なぜ瞑想が睡眠の質を高めるのか?

なぜ瞑想が睡眠の質を高めてくれるのでしょうか?ここでは科学的な根拠を交えながら、解説していきます。

ドイツのマックス・プランク研究所チームの研究によると、瞑想トレーニングプログラムを1日30分間で週6回、3カ月以上実践したそうです。

その後、参加者の脳活動を詳しく調べたところ、瞑想の実践により、“ストレスホルモン”と呼ばれるホルモンの分泌が最大で51%抑制され、ストレスが軽減されていることが確認されました。

日々のストレスが蓄積すると、交感神経の働きが強い状態がずっと続くことになり、夜になっても身体を休めるモードへうまく切り替えることができなくなってしまいます。

ですが、瞑想を行うことでストレスホルモンを抑制させることができ、自律神経が正常に働くようになり、睡眠の質を高めることができるのです。

論文では、毎日短い時間でいいので慈悲の瞑想や思考観察の瞑想を実践することで、心理社会的なストレスへの抵抗力ができると指摘しており、瞑想は安上がりなストレスへの対処法だと述べています。

 

睡眠の質を高める瞑想方法はこちら

ではここでは、睡眠の質を高める瞑想方法についてご紹介していきます。布団に入ってから、以下の手順に沿って、実際に瞑想をしてみましょう。

リラックスした状態で仰向けになり、必要なら頭を枕にのせる。

5秒かけて息を吸い、そのまま5秒キープし、5秒かけて息を吐き、吐ききった状態を5秒キープする。これを1回の深呼吸として3回行う。

呼吸を通じてつま先まで酸素を巡らせることに意識を集中させる。鼻から入ってきた空気がつま先までまわり、鼻から出ていく様子を思い浮かべる(2の呼吸をしながらイメージする)。

今度は足に意識を向ける。2の深呼吸をしながら、鼻から吸った空気を足へ送るイメージをする。

さらに、足首、すね、膝、太ももというように、眠りにつくまで意識を向ける先を順に上げながら深呼吸をする。

 

最近話題の睡眠の質を高めるサプリ

いかがでしたか?

今回は瞑想がもたらす睡眠の質についてお話してきましたが、最後に睡眠の質を高める方法を一つあなたに紹介させてください。

それは、睡眠の質を高めるサプリを摂取するという方法です。

私は3年ほど不眠に悩んだ過去があり、たまたま友人に紹介されたのがきっかけでマインドガードDXというサプリに出会いました。

 

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができるようになりました。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

もし睡眠の質に不満を感じている方やサプリにご興味がある方は、次のページで詳しく解説しているのでぜひ確認してみてください。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました