睡眠の質を上げる食べ物はキムチ?快眠効果が期待できる特効食材

睡眠の質を高める
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「眠ったはずなのに疲れが取れない…」「しっかり寝れていないせいか、日中眠い…」

このような睡眠の質に関するお悩みを抱えていませんか?実は以前の私もそうでした。起床した時はほぼ毎日身体の疲労感が残っていて、よく朝はイライラしていました。

このように疲労が抜けないまま仕事に向かうとなるとその日の朝はとても憂鬱ですし、何より日中の集中力も持続せず仕事に集中できず支障をきたしてしまいますよね…

そのような状態にならないためにも、事前に予防策をたてておくのが重要です。

そんな時に役に立つのがキムチを食べるという方法です。

なぜキムチが睡眠の質を高めてくれるのか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近年の研究(脳神経科医の古賀良彦氏)によりキムチが睡眠の質を高めてくれることが明らかになりました。

その研究によれば、キムチを食べることで寝付きが良くなり、眠りの深さもより深くなることが分かってきているというのです。

でも一体なぜキムチは睡眠の質を向上させてくれるのでしょうか?

その秘密は、発酵食品のキムチに含まれるGABA(ギャバ)というアミノ酸にありました。

GABAとは、アミノ酸の一つです。発芽玄米をはじめ、トマトやアスパラガスなどの野菜や、キムチ・納豆など一部の発酵食品に多く含まれています。

そして、このGABA(ギャバ)がイライラや興奮を抑えたり、精神的なストレスを和らげたりして、リラックスした状態にしてくれる「抗ストレス作用」があることが分かり、今注目されているアミノ酸です。

なので、日々のストレスやイライラによって睡眠の質が落ちている場合は、このギャバの効果で改善していくことができます。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

特にキムチは、GABAが大量に含まれていますので、ぜひ日々の食事に取り入れてみてくださいね。

眠る直前にキムチを食べないようにしましょう。

一点注意点があります。キムチなどの食事を眠る直前に摂ることは控えるようにしてください。

なぜかというと入眠前に胃の中に食べ物がたくさん残っていると、胃腸の消化活動がとても活発になるため、体温が下がりにくくなり、眠りにつきにくくなってしまいます。

食事は、眠る3時間前には済ませるようにしましょう。

最近話題の睡眠の質を高めるサプリもオススメです。

いかがでしたか?

今回はキムチがもたらす睡眠の質の向上効果についてお話してきましたが、最後にもう一つ睡眠の質を高める方法をあなたに紹介させてください。

それは、睡眠の質を高めるサプリを摂取するという方法です。

実は、私は3年ほど不眠に悩んだ過去があります。毎日の仕事が激務な状態で、寝る時になっても仕事のことで頭がいっぱい…「明日はあれをやらないと…」「納期に間に合うかな…不安だ…」そんなことを毎日布団の中でも考えて続けていると、いつの間にか全く眠れない状態になっていたんですね。

そのような状態の時にたまたま友人に紹介されたのがきっかけで、マインドガードDXというサプリに出会いました。

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、なんと毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができています。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

もし睡眠の質に不満を感じている方は、ぜひその詳細をチェックしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました