睡眠の質が読書でUP?30分の読書がもたらす快眠効果とは

睡眠の質を高める

「寝たはずなのに寝た感じがしない…」「疲労感が抜けず身体がだるい…」
最近こんなお悩みはありませんか?

このような朝はとても憂鬱ですし、何より日中の仕事に集中できず、支障をきたしてしまいますよね。疲労が抜けない要因としては、日々のストレスが蓄積し、自律神経のバランスを崩していることにあります。

その結果、眠ろうと思っても交感神経が働き、睡眠の質を下げてしまい、寝ても寝ても疲労感が残り、身体が怠くなったりするのです。

そこで、今回は睡眠の質を高めるために効果的な「読書」についてご紹介したいと思います。「最近、睡眠の質が落ちているかも…」と感じるときにぜひ参考にしてくださいね。

なぜ読書が睡眠の質を高めるの?

「でも本当に読書が睡眠の質を高めてくれるの?」と思われたかもしれません。

実は近年の研究で、寝る前の読書によって、疲労の大きな原因となるストレスを軽減し、リラックスした状態で眠りにつくことができることが実証されています。

この効果について明らかにしたのは、イギリスのサセックス大学の研究チームです。研究チームは、被験者に対して運動や試験など、ストレスがかかる活動をさせた後、読書をさせてみたそうです。

その結果、被験者は、6分間という短い時間読書をしただけで、なんとストレスが68%も軽減するという衝撃的な新事実が判明しました。

でも、一体なぜ読書がストレスを減らすのでしょうか?

その理由について実験を行ったルイス博士によると、「読書に没頭することで、究極のリラックス効果が得られる」と言っています。

つまり、読書によって本の中の別世界へと意識を傾けることで現実の心配や不安を忘れ、その結果、筋肉の緊張が緩まり心拍数が穏やかになるためです。

これは音楽を聞いたり、お茶を飲むよりもリラックス効果があり、このリラックス状態で布団に入ることで、睡眠の質が高まることが期待できるのです。

選ぶ本としては、ビジネス本や自己啓発の類の本よりも、作者の想像力によって練り上げられたフィクションがストレス軽減には向いているでしょう。

このようにして、実は関係がないと思っていたことにも間接的に関わっている寝る前の読書。寝る前の30分間ほど、あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

電子書籍はオススメしません。

ただし、一つ注意点があります。それは、就寝前に電子書籍は読まない方が良いということです。

電子書籍の場合、スマホやタブレット、パソコンなどのブルーライトが目に入ってしまうことから、寝る前の読書には不適とされています。

ブルーライトを避けるべき理由は、意識を覚醒させる効果があるからです。

睡眠前の時間帯にブルーライトを目に入れてしまうと、睡眠モードに入りつつあった肉体が覚醒し、布団に入っても上手く眠ることができなくなります。特に暗い環境でブルーライトを浴びると、眠りにつきにくくなるので気を付けましょう。

ブルーライトカット眼鏡を利用する方法もありますが、スマホなどから放たれるブルーライトのすべてをカットできると限らないので、紙の書籍を利用することをオススメします。

最近話題の睡眠の質を高めるサプリもオススメです。

いかがでしたか?

今回は読書がもたらす睡眠の質についてお話してきましたが、最後にもう一つ睡眠の質を高める方法をあなたに紹介させてください。

それは、睡眠の質を高めるサプリを摂取するという方法です。

実は、私は3年ほど不眠に悩んだ過去があります。毎日の仕事が激務な状態で、寝る時になっても仕事のことで頭がいっぱい…「明日はあれをやらないと…」「納期に間に合うかな…不安だ…」そんなことを毎日布団の中でも考えて続けていると、いつの間にか全く眠れない状態になっていたんですね。

そのような状態の時にたまたま友人に紹介されたのがきっかけで、マインドガードDXというサプリに出会いました。

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、なんと毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができています。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、睡眠の質に不満を感じている方はぜひお試してみると良いでしょう。

もし睡眠の質に不満を感じている方やサプリにご興味がある方は、次のページで詳しく解説しているのでぜひ確認してみてください。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました