不眠はサウナで解消できる!最新の研究で判明したサウナの効果とは

不眠解消
side view of smiling young woman in towels relaxing in steam-room

睡眠に関するこのようなお悩みを抱えていませんか?

「寝つきが悪くて疲れが取れない…」「布団に入ってから1時間たっても眠れない…」

このように寝付きが悪い状態が続くと、日中に眠くなったり、注意力が散漫になったりして、日常生活にも支障をきたしてしまいますよね。

そこで今回は、このような不眠を解消する一つの方法として、サウナの不眠解消効果についてご紹介していきます。

なぜサウナが不眠に効くのか?

どうしてサウナが不眠改善に効果的なのでしょうか?

1999年に世界的に有名な科学雑誌「Nature」に掲載された研究結果によれば、人間というのは、体の中心部の温度と手足の先の温度に「差」が生じると、眠気が増大するのだそうです。

サウナに入浴すると徐々に身体の温度は上昇していき、身体の芯まで温められていきます。

それから、入浴後に涼んでいると「今度は身体の中心部は冷えていき、一方では血行がよくなって血のめぐりが良くなった手足はポカポカしている」状態になります。

するとまさに、身体の中心部と手足とで温度差が生じることになり、眠気が増大するというメカニズムです。

これが、サウナに入ると、寝付きがよくなるといわれる理由です。

サウナは睡眠の質も高めてくれる!

それに加えて最近の研究によると、サウナは睡眠の質を高めてくれることも分かっています。

慶應義塾大学に勤務する加藤容崇医師の研究によると、

「サウナに入らなかった日の夜は、脳や身体の疲労を回復させる深い睡眠の割合が全体の14%程度だったのに対し、サウナに入った日の夜は約28%と、全体に占める深い睡眠の割合が2倍近くになっていた

というデータが出たそうです。

つまり、サウナに入った日の方が睡眠の質が改善し、ぐっすり眠れることが明らかになりました。

このメカニズムを説明すると、まずサウナ室の熱さが自律神経を刺激し、身体を緊張状態にします。そして、入浴後に身体の緊張が徐々に和らいでいくことで、反動で全身が十分にリラックスします。

これによって自律神経が整えられ、ストレスが効果的に解消されることで、入眠した際により深く、ぐっすりと眠れるようになるのです。

サウナに入るタイミングはいつ?

質の高い睡眠をとるためには、寝る2時間前くらいにサウナに入ることがおすすめです。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

良い睡眠を得るのにもサウナは効果的であり、サウナの本場・フィンランドでも、「サウナに入れば睡眠薬は必要ない」と言われています。

ぜひこの機会にサウナを試してみてはいかがでしょうか?

どうしても眠れない時の対処法

いかがでしたか?今回はサウナの不眠解消効果についてご紹介していきました。

とはいえ、誰でも眠れない日はあります。例えば、サウナに入っても考え事が頭から離れなかったり、日々のストレスによって、布団に入ってもリラックスできず、どうしても寝付けないことはあるでしょう。

ここで不安になったり、寝よう寝ようと気持ちを焦ったりしてしまうとさらに眠れなくなり、次の日に「また眠れなかったらどうしよう」とまた不安になって眠れない、という悪循環にもつながります。

もしどうしても眠れないなら、睡眠を助けるサプリを摂取するという方法があります。

私は、マインドガードDXという快眠サプリに出会い、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方はぜひお試してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました