寝ても疲れが取れない?抜けない疲労感の原因とすぐにできる対処法

「寝ても疲れが取れない…」「日中体が怠い…」

そんな睡眠に関する悩みはありませんか?

かつての自分もそうでした。「ぐっすり寝たのに、どういうわけか体が重く怠い…」なんてことはよくありました。これから仕事に行かなくてはいけないのに、重い体を引きずるようにオフィスへ行く…仕事の生産性も上がらず、業務が中々進まない…こうなってしまっては大変ですよね。

そこで、今回は寝ても疲れが取れない原因とその対処法について解説していきます。

 

なぜ寝ても疲れが取れないのか?

ではまず、そもそもなぜ寝ると疲れが取れるのかというと、寝ている間に分泌される成長ホルモンが体内の傷ついた細胞を修復したり、筋肉や骨、脳の細胞を増やしたりすることで、体内のメンテナンスが行われるからです。

成長ホルモンにはもちろん体の成長を促す機能もありますが、実は、

・体の疲れを回復する
・体内の傷んだ組織を修復する
・脂肪を燃焼させる
・皮膚のダメージを回復する
・新陳代謝を促す

などなど、極めて重要な役割も持っています。この機能のおかげで人間は疲労が回復し、毎日快適な生活を送ることができるのです。

なので、睡眠時間が不足していないのに疲労感や体の怠さが取れない場合は、

「睡眠の質が落ちていて十分な量の成長ホルモンが分泌されていないために身体が十分にメンテナンス出来ていない」

ということになるのです。

 

睡眠の質を高めることが重要

睡眠の質を最大限に高めるためにまず重要なことは、寝ついてから180分で、どのような睡眠を得るかということです。

人間の睡眠は、(人によってバラつきはありますが)約90分周期で「脳の眠り(ノンレム睡眠)」と「体の眠り(レム睡眠)」を繰り返します。

実はこの繰り返し2回分、つまり眠りについてから180分の睡眠がとても重要になります。なぜならこの時間に、細胞の傷んだ部分を修復する成長ホルモンが多く分泌され、筋肉や骨、脳の細胞を増やしていくからです。

成長ホルモンは、「22〜2時の180分に多く分泌される」という説があります。しかし実際には、時間を問わず、入眠してから180分の間に深いノンレム睡眠に入ると、シャワーのように大量に成長ホルモンが分泌されることが近年の研究で明らかになっています。

つまりこの180分をぐっすり眠ることができればできるほど、脳と体の疲れがとれ、翌日にすっきりと目覚めることができるということなのです。

また、成長ホルモンをしっかり分泌させるには、そのホルモンを作り出す材料となる栄養素をしっかりと摂取しておかないといけません。なぜなら材料がなければ、料理ができないのと同じで、成長ホルモンも材料となる栄養素がなければ作ることができないからです。

成長ホルモンを十分に分泌させるにはトリプトファン、ビタミンB1・B2・B6・B12・ビタミンC、その他アルギニン、亜鉛などの栄養素が必要です。

 

成長ホルモン分泌に必要な栄養素

ではどのようにして、日々の食事の中で
これらの栄養素をとっていけば良いのでしょうか?

以下に、成長ホルモン分泌に必要な栄養素が多く含まれる食材を紹介します。

トリプトファン: 豆腐・納豆・味噌・チーズ・牛乳・ヨーグルト・米・ごま・ピーナッツ・卵・バナナ
ビタミンB1: 豚肉、ウナギの蒲焼、大豆、玄米
ビタミンB2: 豚レバー、牛レバー、鶏レバー、ウナギ、牛乳、納豆
ビタミンB6: 牛レバー、カツオ、マグロ、鮭、バナナ、サツマイモ
ビタミンB12:牛レバー、鶏レバー、牡蠣、サンマ、アサリ、シジミ
アルギニン:肉類、豚ゼラチン、マグロ、海老、大豆食品
亜鉛:牡蠣、牛肉、レバー、魚介類、ナッツ類
ビタミンC:菜の花、赤ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ

これらを毎日3食バランスよく食べていただくことで、
成長ホルモン分泌に必要な栄養素を摂取することができます。

ぜひこの表を参考にしながら、日々の食事を見直してみると良いでしょう。

 

サプリで十分に栄養素は摂れます

でも日々忙しい中で、ここまでの栄養素を毎日とるのは大変ですよね…
料理をするのに時間がかかりますし、何より食費も膨大になるでしょう。

もし「仕事や家事で忙しい…」「食費もなるべく抑えたい」という場合は、手っ取り早くサプリで栄養素を補うのがベストです。

私がオススメするのは、今ネットで話題のマインドガードDXというサプリです。このサプリのスゴいところは飲むだけで、睡眠の質が高まり、かつ成長ホルモンを分泌させる栄養もしっかりと取れるという利点です。

もしご興味がある方は、次のページで詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました