眠れない時はバナナを食べると良い?寝付きが悪い方は必見です!

不眠解消

眠りたいのになかなか眠れない夜はつらいですよね。

不眠の状態が長く続くと、十分な休息がとれずに倦怠感が残り、集中力の低下にもつながり、仕事にも支障をきたすようになることもあります。なので早めに対策をしたいですよね。

不眠を改善する方法は多種多様です。ですが、バナナにも不眠への効果があることをご存知でしょうか?

今回は、そのバナナの不眠改善効果についてご紹介していきます。

 

バナナの不眠改善効果とは?

なぜバナナを食べることが不眠改善につながるのでしょうか?そこには、バナナに含まれるトリプトファンという栄養素が大きく関係していました。

トリプトファンとは必須アミノ酸の一つで、別名・幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの材料となる栄養素です。

セロトニンは、主に気分や感情をコントロールして自律神経を整えるはたらきをします。

ストレスや不安事などで自律神経のバランスが崩れそうになっている時、セロトニンが作用することで気分を落ち着かせ、心身をリラックスさせてくれるので、スムーズに寝付くことができます。

バナナは100g中15mgのトリプトファンを含有しているほか、ビタミンB6、炭水化物のすべてを含んでいるため、効率的にセロトニンを生成してくれます。

さらに、セロトニンが分泌されると、睡眠を促すホルモンであるメラトニンが作られます。

メラトニンは覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

メラトニンの作用で深部体温が低下して、身体が休息に適した状態に導かれます。その結果、自然な眠気を感じるようになり、すぐに寝付けるようになるのです。

このように、トリプトファンはセロトニンやメラトニンの合成に必須なアミノ酸です。トリプトファンは体内では合成することができないので、しっかりバナナなどの食事から摂取することが重要なのです。

 

最近話題の睡眠サプリもオススメ

もし「もっと効率的にトリプトファンを摂取したい」「バナナだけで本当に十分なトリプトファンが取れるか心配」という場合は、睡眠サプリがオススメです。

私は以前、不眠に3年以上も悩まされたという過去があります。

ですが、友人の紹介でマインドガードDXという睡眠サプリに出会い、継続して飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXには、厳選した天然食材・ノニから抽出したトリプトファンが豊富に含まれているため、バナナよりもより効果的に眠れる状態へと身体を整えていくことができるという利点があります。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、

眠れない状態が続いているという方、そして一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方はぜひチェックしてみると良いでしょう。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました