眠れない時どうする?自然と眠くなるマル秘テクニックを紹介!

一刻も早く眠りたいのに中々眠れないというのは、とても辛いですよね。寝付けない日が続いていたり、明日重要な仕事や用事がある時は尚更イライラします。

私も、転職の面接の前日は全く眠ることができずに、眠気に襲われながら会場に向かったというとても苦い経験があります。こういう時って本当に大変ですよね…

そんな時におすすめなのがストレッチです。今回は、どうしても眠れない時に効果的なストレッチのやり方をご紹介します。

 

なぜストレッチが入眠に効果的なのか?

なぜストレッチが有効なのか?それは、効果的なストレッチを行うことで、心と身体の両方をリラックスさせ、スッと眠りにつきやすい環境が整うからです。そもそも、眠れない人のほとんどは以下の二つの要因に当てはまります。

①身体の緊張がほぐれていない
仕事で長時間座ったままパソコンを使用したり通勤時に電車で立ちっぱなしが続いたりなど、知らず知らずのうちに体はストレスを溜めています。そうしたストレスは体の筋肉を緊張させ、ひどい場合には肩こりや腰痛などの原因にもなりかねません。睡眠前の数分間のストレッチをして、日中に溜まった体の緊張をほぐしましょう。

②精神的な緊張によるストレス
悩みがあったりイライラしていたり緊張状態にあったりすると、交感神経が優位になって脳が覚醒状態になってしまいます。そのため、疲れているのに眠れない・眠ってもすぐに起きてしまうといった状態に陥りがちです。

近年の仕事や家事でのストレス、またパソコンやスマホの使用など、寝る直前まで神経が高ぶり、リラックスしにくい生活を送っており、それが入眠を妨げ眠りの質を下げる原因になっているんです。だからこそ、ストレッチによって体や心の緊張を和らげリラックスする必要があります。

 

ストレッチの入眠効果は科学的にも注目されている

実は、ストレッチの入眠への効果は近年の研究により、注目され始めています。早稲田大学の中村好男 教授が行ったストレッチと入眠効果の研究によると、

33名を対象に行われた実験で、就寝直前に1分間ストレッチをさせたところ、被験者の寝付くまでの平均時間が大幅に早まったことが明らかになったそうです。

この実験からわかったことは、入眠前に軽いストレッチをすることで、「心と体のリラックス効果が高まった結果、寝付きが良くなった」ということです。

このようにストレッチは入眠に非常に良い影響を与えるということが近年の研究によって分かってきているのです。

 

効果的なストレッチ方法

では、効果的なストレッチ方法を紹介していきます。

①リラックスのツボ~百会~
頭頂部にある百会と呼ばれるツボは、心を落ち着かせるのに役立ちます。両手の4本の指先や手のひらを使い、息を吐きながら5秒くらいかけて、気持ちよいと感じる程度にやさしくゆっくりと押してみましょう。

押した後は軽く息を吸います。これを数回繰り返します。

②リラックスのツボ〜合谷〜
合谷(ごうこく)手の親指と人差し指の付け根にあるツボです。やや人差し指よりにあります。体の調子に影響があるといわれ、体の不調を整えるツボです。

睡眠リズムを整える効果が期待できます。反対側の親指で合谷を強めに押しながら揉むと良いでしょう。

③リラックスの脱力法~筋弛緩法~
さらに身体の緊張をほぐしていきましょう。身体に力を入れて筋肉を緊張させた後、脱力して筋肉を緩めることでリラックスする「筋弛緩法」という方法があります。

まずは手のリラックス。手をグーに握って力を入れます。その状態を5秒くらいキープした後、脱力します。脱力したときの力が抜ける感覚を味わいます。

次に足のリラックス。足首をぎゅーっと曲げてアキレス腱を伸ばします。5秒くらいキープした後、脱力します。脱力感を味わってください。

 

それでも眠れない時はサプリがオススメ

寝る前にストレッチをしてみても眠れない場合は、サプリがオススメです。

私は、マインドガードDXという快眠サプリに出会い、
毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

もしご興味がある方は、次のページで詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました