眠れない時はマグネシウムを摂取しよう?今日からできる安眠サポート

不眠解消

「最近眠れない日が続いている…」「寝付くのに何時間もかかって困っている…」

眠れない状態が続くと疲れも取れませんし、何より「明日も眠れないんじゃないか?」と不安にもなりますよね。

もしあなたが、そのような不眠に関するお悩みを抱えているのなら、この記事でご紹介する一つの解決方法が役に立つかもしれません。

それは、「マグネシウムを摂る」という方法です。

マグネシウムの不眠解消効果

<“天然の精神安定剤”とも呼ばれているマグネシウム>

マグネシウムとは、人体に必要なミネラルの一種のことで、神経の興奮を抑える役割があります。

このため、マグネシウムを摂取することで高ぶる気持ちを鎮め、安定した精神状態を保つ効果があります。

もし布団に入ってもストレスで気持ちが落ち着かない、不安事や心配事が止まらないという場合は、マグネシウムを摂取することで精神をリラックスさせ、入眠することができるようになります。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

ニューヨークタイムズ紙は一部の専門家の見解として、マグネシウムが不足すると神経シグナルの伝達が不調となり、不眠につながる恐れがあると紹介しています。なので、日々の食事の中でマグネシウムを積極的に摂取することが重要です。

<睡眠ホルモン・メラトニンを作る>

またマグネシウムには、入眠を促すホルモン・メラトニンを生成する役割も担っています。

メラトニンは心身をリラックスモードにすることで、より深く質の高い睡眠を促す働きをしています。

このメラトニンが多いと寝付きもよく、ぐっすりと眠れるようになることが最近の研究で分かってきており、非常に重要なホルモンです。

メラトニンは、セロトニンという物質を材料に作られますが、マグネシウムは他のビタミンとともにこのセロトニンを作る役割があり、メラトニンの生成にも欠かせない物質なのです。

なので、日々の食事で、しっかりとマグネシウムを摂ることが重要です。

マグネシウムの効果的な摂取方法

ここでは、マグネシウムを効果的に摂取する方法をご紹介します。ぜひ日々の食事に取り入れてみてくださいね。

<1.朝食にバナナを食べる>

Banana bunch isolated on white background with clipping path

果物の中でマグネシウムの含有量が多いのがバナナです。朝食の際に食べると良いでしょう。

<2.  モロヘイヤのおひたし>

SONY DSC

マグネシウムを多く含んでいる野菜といえばモロヘイヤです。モロヘイヤは、おひたしにして、同じくマグネシウムを多く含むしらすと合わせることで、さらに効率よく摂取することができます。

<3.味噌汁に海藻類を入れる>

あおさやワカメなどの海藻類にはマグネシウムが豊富に含まれています。味噌汁に加えると、効率よく摂取できます。

不眠を解消するサプリもオススメです。

今回はマグネシウムの不眠解消効果についてご紹介してきましたが、実は他にも不眠を解消する方法があります。

それは、サプリを摂取するという方法です。私は以前、不眠に3年以上も悩まされたという過去があります。

ですが、たまたま友人の紹介でマインドガードDXという睡眠サプリに出会い、継続して飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXは、睡眠を促進する栄養素を摂取することで身体を眠れる状態に整えることができるという利点があります。

眠れない状態が続いているという方、そして一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方は、ぜひこちらのボタンからチェックをしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました