不眠と体温の関係!ぐっすり眠れる秘訣は体温の変化にあった

不眠解消

「最近、眠れていない状態が続いている…」「今日こそはぐっすり眠りたい…」

眠りたいのに眠れない夜はとても辛いですよね。

もしあなたが、そのような寝付きに関するお悩みを抱えているのなら、この記事でご紹介する解決方法が役に立つかもしれません。

それは「就寝前に体温を上げる」という方法です。

人間が眠くなるメカニズム

なぜ就寝前に体温を上げると、人は眠くなるのでしょうか?

実は、人間が眠りにつくとき、身体の中では体温が変化しています。

よく入浴した後や温かいものを食べた後に、人は眠くなるといわれますが、まさにそのとき「睡眠に入るための作用」が体内で起きています。

この時、温まった身体は、熱を手や足から放出し、内臓や脳の温度「深部体温」を下げて休息モードに移行します。そうなると徐々に身体は休息状態になり、眠気が訪れるのです。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

就寝前に体温を上げておくと身体の機能で、一気に皮膚表面から熱が放出されて深部体温が下がるため、不眠を解消することができます。

就寝前に体温を上げる方法

特に夕食で体温をしっかり上げることで、深部体温は急激に下げることができます

例えば、夕食にトウガラシの主成分カプサイシンをとると、一時的に体温が上がることがわかっています。

夕食のときにカプサイシンを錠剤で1,000ミリグラムとった実験では、体温が上昇した2時間後には体温が0.6度下がったそうで、効果は絶大です。

ただし、大量のカプサイシンが体内に入ると、粘膜が傷つきやすくなって胃腸が荒れたり、咳が出やすくなるので、気をつけましょう。

体温を上げるのにオススメは、鍋料理です。寄せ鍋、湯豆腐、水炊き、かき鍋、ちり鍋、みぞれ鍋など、体がポカポカしてきます。

とくにエビやカキ、ホタテなどに含まれているグリシンというアミノ酸は、深部体温を下げて睡眠の質を高める成分として注目されています。 ぜひ鍋に入れてみましょう。

また、体を温めるといえば、生姜を忘れてはいけません。スープや炒め物に、生姜の千切りを加えたり、生姜ごはんにするのもいいですね。生姜とハチミツを紅茶に入れるだけの、あったかドリンクもオススメです。

この記事のまとめ

今回は、体温と不眠の関係についてご紹介していきました。最近眠れていないな…という悩みがある方は、今日からチャレンジしてみてください。

ですが、この方法を実践しても、あまり睡眠の状況がよくならないな…という場合はそれ以外の対策もおこなうのが理想的です。

あくまでもこれは、スムーズな入眠をするのに役立つ一つの方法に過ぎません。

他にも栄養に気を使う、睡眠を助けるサプリを摂取するなど、身体の内部からのケアを意識すると効果が実感しやすくなります。

私がオススメするのは、睡眠を助けるサプリを摂取するという方法です。

実は、私は3年ほど不眠に悩んだ過去があります。毎日の仕事が激務な状態で、寝る時になっても仕事のことで頭がいっぱい…

「明日はあれをやらないと…」「納期に間に合うかな…不安だ…」そんなことを毎日布団の中でも考えて続けていると、いつの間にか全く眠れない状態になっていたんですね。

そのような状態の時にたまたま友人に紹介されたのがきっかけで、マインドガードDXというサプリに出会いました。

最初は、効果が本当にあるのかどうか半信半疑の状態でしたが、継続し飲み続けた結果、なんと毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

睡眠の質は以前とは段違いです。次の日に疲れを残すことなく、毎日スッキリと起き上がることができています。

マインドガードDXは、厳選された食材から睡眠の質を高める栄養素を抽出し、ふんだんにその成分を配合しているので、科学的に深く眠れる状態に整えていくことができるという利点があります。

もし一刻も早く眠れない状態を解消したいという場合はぜひチェックしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました