不眠はパジャマで解消?意外なパジャマの快眠効果を紹介!

不眠解消

眠れない状態が続いてしまうと日常的に困ることも多くなりますよね。

  • 疲労が抜けず身体が怠い
  • 居眠り運転しそうになる
  • 集中力がなくなり、職場でのミスが増える

これらはあくまでも一例ですが、不眠はこのような問題を引き起こします。

もし、あなたがこのようなお悩みを抱えている場合は、まずは「パジャマを着て寝てみる」ことがオススメです。

なぜパジャマを着ることが不眠に効果的なのか

水泳には水着、サッカーにはユニフォームが最適なように、睡眠に向いているのは部屋着ではなくパジャマです。

特にシルクでできたパジャマは、吸湿性に優れており、睡眠に適しています。普段人間は、眠り始めは深部体温を下げるために発汗量が多くなり、睡眠中はコップ1杯分の汗をかきます。

ですが、汗の吸収性が良くないものを着ていると熱がこもりやすくなり、寝苦しい夜を過ごすことになります。

一方、シルクの吸湿性は綿の1.5倍ともいわれ、さらに放湿性もよいので生地がベタつくことなく、いつでもサラッとしています。

また、熱帯のインドでも、極寒のシベリアでも、あらゆる気候の地域で、ほんの数ミリの繭(まゆ)のシェルターが中の蚕を守っています。 

このシルク特有の天然エアコン効果が、夏は涼しく、冬は温かいという特性をもたらし、0.5〜1度もある睡眠中の体温変化をやさしくサポートしてくれるのです。

シルクは軽いため、睡眠中の寝返りが楽にできるほか、シルクのセリシンというタンパク質は人の肌成分と近いので、肌なじみがよく、触れたときに気持ちよく感じます。

この気持ちのよさによって、リラックスを促す副交感神経のレベルが高まり、休息や入眠がしやすくなります。

ぜひ睡眠の疲労回復効果を感じるためにも、シルクのパジャマを着ましょう。

パジャマ選びのチェックポイント

パジャマと目覚まし時計

ここでは、パジャマを選ぶときのポイントを整理しました。ぜひ以下の項目をチェックしながら選んでみると良いでしょう。

□吸湿性の良いシルクのものか

□着た時に締めつけられる感覚がないか

□ゆったりしていて動いたときにつっぱり感がないか

□寝返りをしたときに生地が巻き込まれないか

快眠ドクターN
快眠ドクターN

実は私も、そんなシルクのパジャマに魅了された一人です。以前の私は、高校時代のジャージなどを着て寝ていたのですが、寝汗で服が濡れ、不快感で途中目が覚めてしまったりしていました。ですが、シルクのパジャマに切り替えてみると、汗をしっかりと吸収してくれるので、夏でも冬でも毎日気持ちよく、ぐっすりと眠れるようになりました。

ぜひシルクのやさしさに包まれながら眠りましょう。

まとめ

今回はパジャマの不眠解消効果についてご紹介していきました。

とはいえ、誰でも眠れない日はあります。

パジャマを着てみても、考え事が頭から離れなかったり、日々のストレスによって、布団に入ってもリラックスできず、どうしても寝付けないことも当然あるでしょう。

ここで不安になったり、寝よう寝ようと気持ちを焦ったりしてしまうとさらに眠れなくなり、次の日に「また眠れなかったらどうしよう」とまた不安になって眠れない、という悪循環にもつながります。

もしどうしても眠れないなら、睡眠を助けるサプリを摂取するという方法があります。

私は、マインドガードDXという快眠サプリに出会い、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方はぜひお試してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました