不眠には温泉が効果あり?不眠に効く隠れスポットを紹介

不眠解消

現代人にとっては、とてもとても近い存在の病気である不眠。

特にストレス社会である現代は、日々の生活で緊張した状態が続きがちです。そうなると2種類の自律神経のうち「交感神経」が優位な状態が続くことになり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

この自律神経のバランスの乱れこそが、不眠の原因になります。

自律神経のバランスを整えるためには、意識してリラックスする時間を作るのが大切です。そこで注目したいのが、「温泉の効能」です。

 

なぜ温泉が不眠に効能があるのか?

ではなぜ温泉が、不眠に効果があるのでしょうか?

①温泉に秘められた総合的生体調整作用とは?

日本の温泉は、伝統医学として研究されてきた歴史があります。

医学的な主な作用は、温泉の温熱による血管拡張や血液循環の改善などの「物理的な作用」、温泉に溶け出ているイオンや化合物などによる「化学的な作用」、そして「総合的生体調整作用」の3つです。

その中で今、注目されているのは、「総合的生体調整作用」です。

「総合的生体調整作用」とは、温泉地や温泉による軽微な刺激が体内のホルモンや自律神経に働きかけ、乱れた生体機能を本来のリズムに整える作用といわれています。

どうして温泉で体のリズムが整うのか?それは十分に解明されていませんが、大脳の視床下部と脳下垂体、副腎を介した経路に調整のカギがあると考えられています。

ちなみにこのような温泉の「総合的生体調整作用」は、どこの温泉でも得られることが分かっています。

 

②温泉の浮力がもたらすリラックス効果

温泉につかると、水の中でかかる浮力によって、体重が軽く感じられます。これによって得られる効果が、浮力効果です。

温泉に首まで浸かった場合、体重は約10分の1にまで減少し、体を自由に動かすことができるようになります。

これにより、全身を支えていた関節や筋肉にかかっていた負担が小さくなり、全身をリラックスさせることが可能です。

また、体が軽くなったことで、筋肉が緩むため、出される脳波が「α波」という状態になり、体だけでなく脳もリラックスした状態になりやすくなります。

その効果は、音楽やアロマよりも高いという実験結果も。日々忙しい時にこそ、日ごろの疲れを温泉で癒し、リラックスしてみてはどうでしょうか?

では次に、特にオススメの温泉地をご紹介します。

 

不眠に効くと言われる温泉地

①沓掛温泉(長野県)

沓掛温泉は開湯1200年の歴史ある温泉で、国民保養温泉地に指定されています。

その庭園は素晴らしく、秋田杉や黒松に囲まれています。秋には見事な紅葉を見ることができ、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと過ごすことのできる場所です。

自然の環境の中で、鳥の声とそよ風の音を聴きながらリラックスすることで、自律神経も整いやすくなりますよ。

また約38度のぬる湯が副交感神経を高めてくれるので、リラクセーション効果がより期待できます。

 

②甲子温泉 大黒屋(福島県)

人里離れた甲子山(かしさん)の中腹。

秘湯の宿と言われながらも、リピーターが絶えない「旅館大黒屋」は、リラックス効果の高い山のいで湯が人々を虜にしています。

名物の大岩風呂は、足元の岩盤から31〜34℃の源泉が出て、湯口から注がれる熱い温泉と相まって人肌ほどの温度に。

ぬるめの湯にゆっくり浸かると、副交感神経が優位になり、脳や心を鎮め、不眠症の改善や自律神経のバランスを整える効果が期待できるといいます。

 

③稲住温泉(秋田県)

名峰・栗駒山の麓に抱かれる秋田最古の温泉郷、「稲住温泉」は古くから多くの文化人、著名人たちに愛されてきた隠れ宿です。

大自然に包まれながら時を忘れて、秘湯を愉しむことができます。

滑らかな肌触りの湯が体と心を柔らかくほぐしてくれるので、リラックスすることができ、疲労回復やストレス解消に最適です。

 

時間がかけられないという方は睡眠サプリがオススメ

いかがでしたか?今回は、不眠に温泉が効果的であるメカニズムと、オススメの温泉地をご紹介してきました。

ですが、温泉に行く時間がなかなか取れない…という方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、不眠に効くサプリがオススメです。

私は、マインドガードDXという快眠サプリに出会い、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXの成分は、全て天然の素材から抽出したもので配合されているため副作用の心配が全くなく、温泉よりも費用も抑えながら不眠を解消できるという利点があります。

もしご興味がある方は、次のページで詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

マインドガードDXの効果について詳しく知る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました