不眠は朝の味噌汁で解消できる?ぐっすり眠るカギは味噌にあった!

不眠解消

毎日きちんと眠れていますか?

「眠れない日が続いている」「布団に入って1時間経っても眠れない」

もしこのような状態が長引くと集中力の低下につながりますし、仕事やそのほかの日常生活において支障をきたすことにもなりかねません。

なので早めに対策をしたいですよね。

不眠を解消する方法は多種多様に存在しますが、今回はその中でも簡単に実践できる不眠解消方法「朝の味噌汁」についてご紹介していきます。

味噌汁に含まれる快眠成分

なぜ「朝の味噌汁」が不眠解消に効果的なのでしょうか?

それは、味噌の原料・大豆に含まれるトリプトファンが大きく関係しています。トリプトファンとはアミノ酸の一つで、「セロトニン」と呼ばれるホルモンを作る役割をしています。

このセロトニンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれ、催眠作用や気分や感情をコントロールして自律神経を整える役割があり、

特にストレスや不安などで自律神経のバランスが崩れそうになっている時、セロトニンが作用することで気分を落ち着かせ、心身をリラックスさせてくれます。その結果、人間は安心してぐっすりと眠れるのです。

ですが、セロトニンの役割はこれだけではありません。

セロトニンが分泌されると、そこから今度は、睡眠を促すホルモンであるメラトニンが作られます。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

メラトニンは覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

このホルモンの作用で深部体温が低下することで、人間の身体は休息モードに移行します。その結果、自然な眠気を感じ、すぐに寝付けるようになるのです。

このように、大豆に含まれるトリプトファンはセロトニンやメラトニンの合成に必須なアミノ酸なのです。

味噌汁は朝食に

できるだけ味噌汁は朝食に食べるようにしましょう。

朝の段階でトリプトファンを摂ることで、日中にセロトニンが分泌され、その後、夜にはたらくメラトニンを作ることができるからです。

その結果、夜に十分な量のメラトニンが分泌されるので、夜はぐっすりと眠ることができます。

この記事のまとめ

もし「もっと効率的にトリプトファンを摂取したい」「味噌汁だけでは本当に十分なトリプトファンが取れるか心配」という場合は、サプリがオススメです。

私は以前、不眠に3年以上も悩まされたという過去があります。

ですが、友人の紹介でマインドガードDXという睡眠サプリに出会い、継続して飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXには、厳選した天然食材・ノニから抽出したトリプトファンが豊富に含まれているため、味噌汁よりもより効果的に眠れる状態へと身体を整えていくことができるという利点があります。

眠れない状態が続いているという方、そして一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方はぜひチェックしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました