不眠はワインで解消できる?眠気を促すホットワインの効果とは

不眠解消

「最近どうも眠れない状態が続いている…」「寝付くのに1時間もかかる…」

このような睡眠に関するお悩みを抱えていませんか?

前日にしっかりと眠れないと次の日に疲れが残りますし、日中に眠くなったり、集中力も持続せず、仕事にも支障をきたしてきますよね。

もしあなたが、そのような不眠に関するお悩みを抱えているなら、赤ワインがオススメです。

今回は、赤ワインの不眠解消効果についてご紹介していきます。

赤ワインの不眠解消効果

なぜ赤ワインに不眠解消効果が期待できるのでしょうか?

この根拠を示す研究結果が、イタリアのミラノ大学によって発表されています。

同大学の研究によると、ブドウの皮の中に、ホルモン「メラトニン」が含まれており、睡眠前に赤ワインを飲むことで、安眠できる状態になりやすいとのことです。

快眠ドクターN
快眠ドクターN

赤ワインは黒ブドウを使用して、皮と種を一緒に果汁を絞り取り、一緒に漬けこむことで皮の色素成分が果汁に染み出して、魅力的な赤色を出しています。 これが赤ワインが赤い理由です。

メラトニンは、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれるくらい、睡眠を促す重要な役割を果たしているホルモンです。

このホルモンは身体の深部体温を低下させて、休息に適した状態にし、それによって眠りの世界へと誘う役割を持っています。

そのため、メラトニンが体内で増えると、自然な眠気を感じるようになり、すぐに寝付くことができるようになるのです。

寝付きを良くするホットワインの作り方

赤ワインは、眠る前に飲むのがオススメです。

ただし、基本的にお酒は快眠に適していません。アルコールは交感神経を刺激し、浅い睡眠を引き起こしてしまうからです。

なので、赤ワインはできるだけ度数の低いものを選び、一度加熱をしましょう。そうすることでアルコールが飛び、度数が低くなった状態のホットワインになります。

ホットワインの作り方はとても簡単です。マグカップにワインを入れて、レンジで 1 分温めるだけです。

ぜひ、眠れない夜が続く時は、ホットワインを試してみてくださいね。

寝付きを良くする快眠サプリもオススメです。

今回は赤ワインの不眠解消効果についてご紹介してきましたが、実は他にも不眠を解消する方法はあります。

それは、サプリを摂取するという方法です。私は以前、不眠に3年以上も悩まされたという過去があります。

ですが、たまたま友人の紹介でマインドガードDXという睡眠サプリに出会い、継続して飲み続けた結果、毎日自然にスッと深い眠りに入ることができるようになりました。

マインドガードDXは、睡眠を促進する栄養素を摂取することで身体を眠れる状態に整えることができるという利点があります。

今、ちょうどキャンペーン中で、24%OFFで購入できるそうなので、

眠れない状態が続いているという方、そして一刻もはやく眠れない状態を解消したいという方はぜひお試してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました